第27章 師 弟 倶 生


『地涌』は、「『地涌』からの通信」と題する単行本として三十四冊刊行されたが、その巻末に書いた「おわりに」は、「師弟不二」を基調とした。「師弟不二」こそ法難を克服しうる団結の基軸であり、かつ仏法の深淵に触れる直道と考えたからである。創価学会三代会長の師弟の系譜に確固と連なることこそ信心の肝要であり、三世を貫く価値であると確信する故である。

単行本「『地涌』からの通信(1)」おわりに   1991年 3月

単行本「『地涌』からの通信(2)」おわりに   1991年 4月

単行本「『地涌』からの通信(3)」おわりに   1991年 5月

単行本「『地涌』からの通信(4)」おわりに   1991年 6月

単行本「『地涌』からの通信(5)」おわりに   1991年 7月

単行本「『地涌』からの通信(6)」おわりに   1991年 8月

単行本「『地涌』からの通信(7)」おわりに   1991年 9月

単行本「『地涌』からの通信(8)」おわりに   1991年10月

単行本「『地涌』からの通信(9)」おわりに   1991年11月

単行本「『地涌』からの通信(10)」おわりに  1991年12月

単行本「『地涌』からの通信(11)」おわりに  1992年 1月

単行本「『地涌』からの通信(12)」おわりに  1992年 3月

単行本「『地涌』からの通信(13)」おわりに  1992年 5月

単行本「『地涌』からの通信(14)」おわりに  1992年 7月

単行本「『地涌』からの通信(15)」おわりに  1992年 8月

単行本「『地涌』からの通信(16)」おわりに  1992年 9月

単行本「『地涌』からの通信(17)」おわりに  1992年 9月

単行本「『地涌』からの通信(18)」おわりに  1992年10月

単行本「『地涌』からの通信(19)」おわりに  1992年11月

単行本「『地涌』からの通信(20)」おわりに  1992年12月

単行本「『地涌』からの通信(21)」おわりに  1993年 1月

単行本「『地涌』からの通信(22)」おわりに  1993年 3月

単行本「『地涌』からの通信(23)」おわりに  1993年 4月

単行本「『地涌』からの通信(24)」おわりに  1993年 6月

単行本「『地涌』からの通信(25)」おわりに  1993年 9月

単行本「『地涌』からの通信(26)」おわりに  1993年10月

単行本「『地涌』からの通信(27)」おわりに  1994年 1月

単行本「『地涌』からの通信(28)」おわりに  1994年 3月

単行本「『地涌』からの通信(29)」おわりに  1994年 5月

単行本「『地涌』からの通信(30)」おわりに  1994年 8月

単行本「『地涌』からの通信(31)」おわりに  1994年12月

単行本「『地涌』からの通信(32)」おわりに  1995年 2月

単行本「『地涌』からの通信(33)」おわりに  1995年 6月

単行本「『地涌』からの通信(34)」おわりに  1995年11月

●トップページ > 第26章 > 第28章