第26章 仏 勅 顕 然


第885号 1995年10月30日 日蓮正宗自由通信同盟
法華経の行者である牧口、戸田両会長を迫害した日本国は
仏の教えの通りついに亡国の憂き目を見ることとなった
〈仏勅シリーズ・第16回〉
 
第886号 1995年11月1日 日蓮正宗自由通信同盟
法華経を行ずる者に大難が出来することは御金言に明らか
戸田会長は獄にあって死に直面しながらも法悦にむせんだ
〈仏勅シリーズ・第17回〉
 
第887号 1995年11月3日 日蓮正宗自由通信同盟
「牧口先生のところが恋しい様な気持ちに襲われがちです」
急に体が衰弱するなかで戸田会長は死の淵をのぞいていた
〈仏勅シリーズ・第18回〉
 
第888号 1995年11月5日 日蓮正宗自由通信同盟
“法主”日恭が無惨な焼死をし仏法滅尽を示したことは
真の法華経の行者が全人類救済に立ち上がる予兆であった
〈仏勅シリーズ・第19回〉
 
第889号 1995年11月7日 日蓮正宗自由通信同盟
七月三日一人の如説修行の行者が出獄し焦土日本に立った
この日より民衆救済のための師子奮迅之力の戦いが始まる
〈仏勅シリーズ・第20回〉
 
第890号 1995年11月9日 日蓮正宗自由通信同盟
国が法華経の行者を迫害すれば他国に破られ亡国となる
日本敗戦当時の悲惨な現実は厳粛なる仏法の道理を示す
〈仏勅シリーズ・第21回〉
 
第891号 1995年11月11日 日蓮正宗自由通信同盟
全世界に前代未聞の大戦争が起きたことは広宣流布の兆し
御本仏の命を奉じた大菩薩が世界に出現し民衆を救済する
〈仏勅シリーズ・第22回〉
 
第892号 1995年12月24日 日蓮正宗自由通信同盟
東村山市の女性市議は自殺との東村山署の正式発表により
『週刊現代』『文藝春秋』と乙骨正生の虚報が決定づけられた
 
第893号 1995年12月26日 日蓮正宗自由通信同盟
万引きされた店主が自殺した市議が犯人と言っているのに
乙骨は店主も取材せず創価学会への疑惑のみを煽っている
 
第894号 1996年1月1日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕は買春問題で末寺への統率力が低下するのを見越して
全国の法華講員を大石寺の檀徒化することを企んでいる
 
第897号 1996年1月26日 日蓮正宗自由通信同盟
妙観講・大草一男が渉外部長・秋元広学の電話を盗聴していた
これは日顕の親衛隊である同講の違法活動のほんの一部だ
 
第898号 1996年2月1日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕の親衛隊を気取る妙観講は渉外部長・秋元のみならず
一民間人とその離婚した妻の電話まで盗聴し尾行していた
 
第899号 1996年2月5日 日蓮正宗自由通信同盟
こんどは大石寺主任理事・八木への電話盗聴計画が発覚!
妙観講の大草による違法活動は際限のない広がりを見せる
 
第901号 1996年2月16日 日蓮正宗自由通信同盟
『週刊新潮』掲載の脱会者によるレイプ捏造「手記」は
日顕宗檀徒が創価学会攻撃のためにおこなう偽証の典型だ

●トップページ > 第25章 > 第27章