第25章 物 怪 自 縛


第825号 1995年1月28日 日蓮正宗自由通信同盟
阪神大震災の日、日顕宗の末寺は被災者が訪ねてきても
救援もせずただ門を固く閉ざして無慈悲な態度に終始した
 
第826号 1995年1月29日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕を買春容疑で取調べたシアトルの警察官が生きていた
警察官の記憶はクロウ夫人の証言を裏づけるものだった
 
第827号 1995年1月30日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕が出張御授戒の地で買春したことが明白となった今
日蓮正宗が唯一救われる道は日顕の宗外追放のみである
 
第831号 1995年2月5日 日蓮正宗自由通信同盟
鮮やかに蘇った警察官の顔が饒舌だった日顕を沈黙させた
いまでは宗内の誰しもが日顕が買春したと確信したようだ
 
第835号 1995年2月11日 日蓮正宗自由通信同盟
『フライデー』が掲載した三枚の領収書は豪邸購入にあたり
大石寺が六億一千百五十万円の支払いをしたことを裏づける
 
第837号 1995年2月14日 日蓮正宗自由通信同盟
電報文のような「宗務広報」ですべてを終わりにするのか
ズーッと沈黙、そして今これでは宗内はおさまらないぞ!!
 
第840号 1995年2月19日 日蓮正宗自由通信同盟
「阪神大震災殉難者追善法要」と銘打ち全国から人を集め
世田谷豪邸について大嘘の言い訳だけをした日顕とは何だ
 
第842号 1995年3月6日 日蓮正宗自由通信同盟
「シアトルで道に迷い警察沙汰になったが買春はしてない」
追い詰められた日顕がこう主張を変えるという噂がある
 
第845号 1995年3月18日 日蓮正宗自由通信同盟
宗務支院長会議で日顕は扶養寺院への不信感を露骨に示した
日顕は末寺への援助金を出すのが心底イヤでたまらないのだ
 
第847号 1995年3月28日 日蓮正宗自由通信同盟
「C作戦」が失敗したので日顕を筆頭とする日顕宗のお歴々が
昨年度「折伏」ゼロの指導教師を集めて八つ当たりをした
 
第848号 1995年3月30日 日蓮正宗自由通信同盟
四月会に参加し創価学会攻撃に暗躍する妙本寺の長谷部は
大震災で寺に助けを求めた法華講員を怒鳴り追い返した
 
第850号 1995年4月28日 日蓮正宗自由通信同盟
買春で日顕を取り調べた元警察官の氏名と証言が公表され
買春“法主”日顕と、かばった宗務院の大ウソがまたバレた
 
第851号 1995年5月1日 日蓮正宗自由通信同盟
宗務院は買春隠しの「お知らせ」を何度も繰り返しているが
堕落狂乱した日顕のためにそこまでして宗派滅亡を招くな
 
第853号 1995年5月6日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕の狂乱と堕落そして大石寺教学の変質に愛想をつかせ
日蓮正宗能化の一人が住職をする大本山妙本寺が離脱した
 
第856号 1995年5月28日 日蓮正宗自由通信同盟
総監・藤本が言うように高橋公純がそれほどの反逆者なら
四の五の言っていないで即刻に擯斥処分にしたらどうだ
 
第859号 1995年6月5日 日蓮正宗自由通信同盟
オウムのあとには創価学会をやれとの四月会での暴論に
戦中の創価教育学会を弾圧した権力者たちの亡霊を見る
 
第862号 1995年6月28日 日蓮正宗自由通信同盟
やはり日顕は宗内を欺き山崎正友を頼りにし密談していた
隠しに隠してきたが「六月六日に会った」と山崎が公言した
 
第866号 1995年7月8日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮宗坊主の参拝を大石寺内事部が許可し案内までしていた
この驚くべき事実が日蓮宗布教師會報に克明に綴られている
 
第867号 1995年7月9日 日蓮正宗自由通信同盟
分派活動をしてきた高橋公純がついに日顕より破門された
一代坊主を虫ケラとしか思っていない日顕を高橋は甘く見た
 
第868号 1995年7月12日 日蓮正宗自由通信同盟
「ホテルから一歩も出ていない」と日顕自ら明言しながら
いまさら「買物に出た」を検討するとは買春自白に等しい
 
第870号 1995年7月28日 日蓮正宗自由通信同盟
狂僧・日顕がまたも無抵抗の所化に凄惨なリンチを加えた
三人を中啓でメッタ打ちにしあと一人を素手でブン殴った
 
第873号 1995年8月26日 日蓮正宗自由通信同盟
法義を曲げ贅沢三昧をし慈悲の心もない増上慢・日顕が
「奥尻島大津波は余を誹謗したから起きた」と本仏宣言をした
 
第874号 1995年8月28日 日蓮正宗自由通信同盟
末寺住職を権威権力で脅したって“折伏”ができるものか
日顕も藤本も仏教指導者としての力量不足を恥じるべきだ
 
第875号 1995年8月29日 日蓮正宗自由通信同盟
韓国台湾のSGI組織を切り崩そうと日顕が放った高橋が
いまや逆しまに日顕宗法華講組織を次々と切り崩している
 
第878号 1995年9月3日 日蓮正宗自由通信同盟
柳沢喜惣次と大修寺青年部が身延詣でをすることを喜び
日顕が前夜大宴会をする彼らにビール二百本を差し入れた
 
第879号 1995年9月12日 日蓮正宗自由通信同盟
新客殿建設に大義があるなら一宗を挙げて堂々と遷座せよ
唐突な計画発表と抜き打ち遷座の裏にある魂胆とはなにか
 
第880号 1995年9月13日 日蓮正宗自由通信同盟
正本堂に耐震性ありとわざわざ発表させた日顕の腹には
大御本尊遷座と顕正会復帰は教義的判断でとの秘策あり
 
第881号 1995年9月27日 日蓮正宗自由通信同盟
大客殿の地震対策は三千万円でこと足りると報告されてた
日顕と八木はそれを隠し宗内を騙し新客殿建設を強行した
 
第882号 1995年10月1日 日蓮正宗自由通信同盟
いまさら「ホテルから出ていた」とはどういう言い草だ
これまで内外に嘘をついてきた日顕に“法主”の資格はない
 
第883号 1995年10月3日 日蓮正宗自由通信同盟
東京地裁でクロウ夫人が日顕シアトル買春事件を証言した
証言が売春婦におよぶと傍聴席の坊主らはみなうつむいた
 
第884号 1995年10月11日 日蓮正宗自由通信同盟
買春した日顕を取り調べた警察官が二名とも生存していた
クロウ夫人は再会したそうだから日顕も会ったらどうだ

●トップページ > 第24章 > 第26章