第23章 権 威 瓦 解


第763号 1994年5月14日 日蓮正宗自由通信同盟
「山崎の腎臓病、原島の糖尿病、藤原の心臓病、石田の癌死」
縷々話した内藤も自分の頭の手術についてはなぜか語らぬ
 
第765号 1994年5月26日 日蓮正宗自由通信同盟
「椅子に座って参加する者がいると丑寅勤行が乱れる」
何を血迷ったか、上野村の日顕が時代錯誤の無慈悲な暴言
 
第766号 1994年5月29日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕狂って曰く「供養する信徒は僧を堕落させる悪い奴」
自分の堕落した罪を信徒になすりつけるこの幼児性を見よ
 
第767号 1994年5月30日 日蓮正宗自由通信同盟
「あー、私は若い時にチャントあそこへ遊びにいきましたよ
」 こう開き直れと“指南”する“法主”も馬鹿なら聞くも馬鹿
 
第769号 1994年6月9日 日蓮正宗自由通信同盟
寺族のみならず『地涌』編集部も読まない『慧妙』を
末寺に購読強制する日顕の言葉に宗内不信と焦りが見える
 
第775号 1994年6月20日 日蓮正宗自由通信同盟
出家の動機には“恨”“厭”があるが本義は慈悲であるべき
慈悲であれば世間(社会)を差別せず民衆救済を願業とする
〈「出家」考(1)〉
 
第776号 1994年6月21日 日蓮正宗自由通信同盟
日開の出家の動機は弟に新妻を寝盗られた“恨”に起因する
この男が民衆を支配する僧社会で差別の階段を登っていく
〈「出家」考(2)〉
 
第777号 1994年6月22日 日蓮正宗自由通信同盟
「血」によって裏切られた日顕の母・スマの出家の動機は
出家社会に「血」によって結合した「家」を作ることだった
〈「出家」考(3)〉
 
第778号 1994年6月27日 日蓮正宗自由通信同盟
偽書「出家功徳御書」を在家を差別する論拠とすることなく
僧たるもの民衆救済の本義に目覚め日顕一族の支配を断て
〈「出家」考(4)〉
 
第779号 1994年7月18日 日蓮正宗自由通信同盟
新作ビデオ『日顕の戯言』は坊主の生態観察に見逃せない
ゴルフ、カラオケ、パチンコ、オンナに興ずる彼らが“出家”
 
第780号 1994年7月26日 日蓮正宗自由通信同盟
「自分の命令は末法の御本仏日蓮大聖人の御命令である」
遂に日顕が全国教師指導会で驚天動地の一大宣言をなした
 
第781号 1994年7月27日 日蓮正宗自由通信同盟
炎暑に不満タラタラの“烏合の衆”を集めて増長の極み
己が謀略を“御仏智”己が命を“御仏意”と説教する日顕

●トップページ > 第22章 > 第24章