第22章 魔 軍 覆 滅


第731号 1994年1月28日 日蓮正宗自由通信同盟
正信会議長の渡辺広済は和解工作があったことを認めたぞ
今度は和解工作を依頼した日顕がその事実を認める番だ
 
第734号 1994年2月7日 日蓮正宗自由通信同盟
贅沢好きの日顕夫婦は豪邸住まいをあきらめていなかった
政子が下見をし購入決定した不動産を寺院名義で登記する
 
第735号 1994年2月8日 日蓮正宗自由通信同盟
広布坊建設で供養は集めぬと言いながら新六万塔で集める
この日顕と柳沢で仕組んだトリック・プレーに騙されるな
 
第738号 1994年2月17日 日蓮正宗自由通信同盟
新六万塔で一人一万円集めているが建設費用は約三千万円
全国法華講で一所帯一律三百五十円の供養をすれば充分だ
 
第740号 1994年2月19日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕恐さでどんな嘘でもつく超臆病な関の談話は失笑もの
どうせ聞くなら『慧妙』は「極秘メモ」の筆者・河辺に聞け
 
第742号 1994年2月27日 日蓮正宗自由通信同盟
酒にやられてにわかに断酒した日顕が宗内に禁酒を説く
ご都合主義でクルクル代わる本性は「訓諭」にも顕れている
 
第743号 1994年2月28日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕の心は末寺住職に対する不信不満で一杯になっている
「援助金もらっている者は酒を飲むなテレビを見るな」だと
 
第744号 1994年3月3日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕宗の核を形成していた日顕と“陰の総監”河辺との間に
いよいよ公然としてはばかることのない亀裂が生じ始めた
 
第747号 1994年4月1日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕宗系と正信会系の仕掛人、利権屋、恐喝犯、売文家が
創価学会破壊を目的に出版界の無節操に乗じ暗躍している
 
第749号 1994年4月4日 日蓮正宗自由通信同盟
『週刊新潮』が悪意で取り上げた「怪文書」を作成した者は
創価学会を憎悪し末寺とマスコミのFAX番号を知る者だ
 
第751号 1994年4月6日 日蓮正宗自由通信同盟
『週刊新潮』の乙骨、『週刊実話』の段のコメントが同じ
しかもそれが事実に反しているとなればお笑い草である
 
第752号 1994年4月14日 日蓮正宗自由通信同盟
二七八本の桜を切った殺生な坊主が花見と称しドンチャン騒ぎ
日顕は広宣流布より遊興が好きな父子一体の破戒僧
 
第753号 1994年4月19日 日蓮正宗自由通信同盟
「日顕と政子は元より親戚、妾の孫と本妻の曾孫である」
「日顕の父・日開に子種はなく実の父は高野日深」と暴露本
 
第754号 1994年4月20日 日蓮正宗自由通信同盟
遊び人・日顕に「隠し子」のち「パイプカット」の重大疑惑
日蓮正宗内部より溢れ出した『法主の大醜聞』に唖然!
 
第755号 1994年4月21日 日蓮正宗自由通信同盟
遠路わざわざ登山した人々に日顕が口汚く罵声を浴びせた
こんな無慈悲な男が“法主”では阿仏房も二度と登山しない
 
第757号 1994年4月29日 日蓮正宗自由通信同盟
“平成のインパール作戦”と言われる炎天下の六方総登山を
日顕は参加者の辛苦を考えず「実に楽々」であると評した
 
第758号 1994年4月30日 日蓮正宗自由通信同盟
雨は降る雷は鳴るおまけに何の間違いか洪水の“中継”
ドタバタのうちに新六万塔の「開眼」をし日顕は冴えない顔

●トップページ > 第21章 > 第23章