第21章 仏 子 反 撃


第711号 1993年11月28日 日蓮正宗自由通信同盟
早瀬義寛などの日顕宗の売僧が“慈悲”を口にするのは
信徒から“供養”をせしめようとの卑しい下心を隠すため
 
第712号 1993年11月29日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕はいまだに末寺の経済的困窮に親身になれないようで
住職に「肥料」をやれば布教をしなくなると考えている 
 
第715号 1993年12月8日 日蓮正宗自由通信同盟
出発前はハシャぎ、スペインでは居眠り帰国してグッタリ
海外布教を前に日顕夫婦は偽名で一泊40万円のハニーな夜
 
第716号 1993年12月14日 日蓮正宗自由通信同盟
自ら犯した罪で服役したのに告訴した学会を貶めようと
ペテン師・山崎正友が国会議員を前に大嘘を並べ立てた
 
第717号 1993年12月17日 日蓮正宗自由通信同盟
また日顕が日蓮正宗と大石寺を楯に自滅の訴訟を起こした
どう策を弄しても問題になるのは日顕の下半身の人格だ
 
第721号 1994年1月1日 日蓮正宗自由通信同盟
宗内きってのメモ魔・河辺慈篤自筆の極秘メモによって
日顕一派の悪だくみ「C作戦」の存在が完全に裏づけられた
 
第722号 1994年1月3日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕が創価学会首脳のみならず信徒たる創価学会員を騙し
果ては宗内の僧まで欺いたことは「河辺メモ」により明らか
 
第723号 1994年1月4日 日蓮正宗自由通信同盟
「河辺メモ」のとおり日顕は「C作戦」の首謀者であったのに
よりにもよって親教で「C作戦」は知らないと大嘘をついた
 
第724号 1994年1月5日 日蓮正宗自由通信同盟
“陰の総監”が“表の総監”を闇より撃ち“懐刀”が主人を斬る
「河辺メモ」が日顕の嘘を明らかにし日顕宗は自滅し始めた
 
第725号 1994年1月9日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕という上野村の和尚が身内を相手に軽口をたたいたが
嘘にあきあきした住職達の反応は恐ろしく冷たく重かった
 
第726号 1994年1月10日 日蓮正宗自由通信同盟
総監・藤本が「C作戦」を隠そうと大嘘の弁明をなしたが
語る言葉の端から矛盾が浮き出て逆に“存在”を証明した
 
第728号 1994年1月19日 日蓮正宗自由通信同盟
「俺の文章だ。俺の字であることも言っておく」と河辺の肉声
「河辺メモ」を報じるビデオ『天魔がゆく5』は衝撃そのもの
 
第729号 1994年1月24日 日蓮正宗自由通信同盟
「一分間に六十回だろう!」と怒鳴り血相を変えた日顕は
バシッ、バシッ、バシッ……と坊主三人の頭を中啓で連打した

●トップページ > 第20章 > 第22章