第20章 霊 山 未 散


第699号 1993年10月1日 日蓮正宗自由通信同盟
“模刻問題”は先師の失念により起きたが学会はそれを庇った
この真相を裏づける総監・藤本自筆の極秘メモを公開する
 
第700号 1993年10月2日 日蓮正宗自由通信同盟
御本尊を書写する権能は広宣流布する和合僧団に本来ある
狂った“法主”が破和合僧を策し書写しないなら追放すべき
 
第701号 1993年10月3日 日蓮正宗自由通信同盟
妙光寺所蔵の真筆御本尊は「謹冩」され「出征將士」に配られ
妙本寺の真筆御本尊は日達上人に内緒で印刷・下付された
 
第702号 1993年10月4日 日蓮正宗自由通信同盟
「政教分離」とは政治が宗教に介入しないことが第一義だが
日本においてはその語が政治が宗教に干渉する口実となる
 
第704号 1993年10月15日 日蓮正宗自由通信同盟
「幾多の虚構の弁解を作出し虚偽の証拠を提出」したと
裁判長より弾劾された山崎がまた同じ“偽証”をしている
 
第705号 1993年10月21日 日蓮正宗自由通信同盟
山崎正友の正体は“嘘”と“カラ手形”を得意とする詐欺師だ
この比類なき犯罪者が口先で国政をかき回している異常さ
 
第706号 1993年11月15日 日蓮正宗自由通信同盟
宗門は「沙彌の分際で弘通」した罪で蓮城房の僧籍を剥奪し
法に殉じ獄死した後も戒名に「居士」をつけ死者を鞭打った
〈仏勅シリーズ・第11回〉
 
第707号 1993年11月18日 日蓮正宗自由通信同盟
逮捕された満72歳の牧口会長は警視庁で特高警察を前に
諫暁の意をこめて立正安国を論じ神札焼却の必然を説いた
〈仏勅シリーズ・第12回〉
 
第708号 1993年11月20日 日蓮正宗自由通信同盟
国家神道の悪酒に酔いしれた特高警察は学会を弾圧したが
三世不変の師弟の絆に楔を打ち込むことはできなかった
〈仏勅シリーズ・第13回〉
 
第709号 1993年11月22日 日蓮正宗自由通信同盟
仏意仏勅の和合僧団を破壊し仏子を迫害した特高警察官に
仏罰は厳然と現れ仏力法力の空しからざることが証された
〈仏勅シリーズ・第14回〉
 
第710号 1993年11月24日 日蓮正宗自由通信同盟
昭和十九年一月戸田会長は仏と生命の本質について悟達し
十一月には自ら霊山会の儀式に参列するさまを眼前に見た
〈仏勅シリーズ・第15回〉

●トップページ > 第19章 > 第21章