第19章 菩 薩 涌 出


第687号 1993年8月19日 日蓮正宗自由通信同盟
日恭が無惨な焼死をして後世に恥を残すこととなったのは
日恭が本質的には悪人、愚人、誹謗正法の人であったからだ
〈仏勅シリーズ・第1回〉
 
第688号 1993年8月20日 日蓮正宗自由通信同盟
“元冦”以来の他国侵逼難である第二次世界大戦は
日蓮大聖人の血脈を継ぐ“法華経の行者”の存在を暗示する
〈仏勅シリーズ・第2回〉
 
第689号 1993年8月21日 日蓮正宗自由通信同盟
御本仏日蓮大聖人の仰せの通り国家権力の迫害に抗して
信仰信条を貫いた“法華経の行者”は日本に出現したか
〈仏勅シリーズ・第3回〉
 
第690号 1993年8月23日 日蓮正宗自由通信同盟
第二次世界大戦が一閻浮提内広令流布の大瑞であるならば
大戦に符合して“法華経の行者”が出現したことも確か
〈仏勅シリーズ・第4回〉
 
第691号 1993年8月24日 日蓮正宗自由通信同盟
腐敗堕落の極みに達した宗門の姿と地獄のような世相は
“本化国主”たる“地涌の菩薩”が出現する予兆であった
〈仏勅シリーズ・第5回〉
 
第692号 1993年8月30日 日蓮正宗自由通信同盟
同じ法華経を信ずるようでも宗門は臆病の故に法義を曲げ
創価学会は勇猛心を奮い大聖人の弟子としての道を進んだ
〈仏勅シリーズ・第6回〉
 
第693号 1993年9月3日 日蓮正宗自由通信同盟
宗門が変節したのは臆病の故で合同問題が真因ではない
合同は法的に強制できず四割の宗派が単独認可されていた
〈仏勅シリーズ・第7回〉
 
第694号 1993年9月4日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮大聖人の仏意を奉じ“地涌の菩薩”が涌出してきた時に
懶惰懈怠の坊主が妬み嫉み仏弟子を迫害するのは経文通り
〈仏勅シリーズ・第8回〉
 
第695号 1993年9月5日 日蓮正宗自由通信同盟
大聖人の仏法より日恭の“事なかれ主義”が優先されたため
狸を宗費未納で処分したものの教義は小笠原流となった
〈仏勅シリーズ・第9回〉
 
第696号 1993年9月7日 日蓮正宗自由通信同盟
創価学会の師弟が国家神道を破折し大謗法国で弘通したら
第六天魔王が国家権力と信心弱き宗門の身に入り迫害した
〈仏勅シリーズ・第10回〉
 
第697号 1993年9月8日 日蓮正宗自由通信同盟
創価学会が日寛上人の御本尊授与を決定したことにより
日蓮大聖人の仏法は現代に蘇り天魔・日顕は完全に敗北した

●トップページ > 第18章 > 第20章