第16章 宝 珠 亡 失


第537号 1992年10月26日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕が正信会との和解を頼んだのは加藤賢一という人物だ
宗務院は事実を知りながら否定し日顕に歯止めをかけた
 
第543号 1992年11月7日 日蓮正宗自由通信同盟
江戸時代の常泉寺は幕府の庇護で栄耀栄華を極めていた
本寺が本寺なら末寺も末寺、本末ともに謗施で潤ったのだ
 
第544号 1992年11月8日 日蓮正宗自由通信同盟
謗法まみれになり七百年を生き長らえた日蓮正宗の姿は
衣裏に宝珠をつけて彷徨した哀れな男の姿を想起させる
 
第546号 1992年11月10日 日蓮正宗自由通信同盟
今年の富士学林研究科秋季授業においても御書研鑚はなし
とことん御書を軽視する日顕らは五老僧の生まれ変わりか
 
第549号 1992年11月14日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕が宗門を私物化し猊座を穢し続けるから離山が相次ぐ
“法滅の妖怪”日開の五十回遠忌を前に淨圓寺が離脱した
 
第551号 1992年11月16日 日蓮正宗自由通信同盟
芸者に囲まれた“法主”の姿は宗開両祖を誹るに等しい
御開山日興上人曰く「日蓮の御恥何事か之に過ぎんや」
 
第552号 1992年11月17日 日蓮正宗自由通信同盟
「(創価学会から)五千万円で離脱を勧められた」との
福田毅道の発言を本人が嘘と認め謝罪を約束していた
 
第553号 1992年11月18日 日蓮正宗自由通信同盟
墓参りに駆り出され無内容な話を聞き日顕に金を差し出す
葬式仏教の典型のような催しに日顕宗の死が垣間見える
 
第555号 1992年11月20日 日蓮正宗自由通信同盟
綱領ともいえる「法華講要旨」は「大聖人直結」を謳っている
狂った大村は正しい教学を忘れ「直結」は「邪説」だと誹った
 
第560号 1992年11月29日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕や関は大石寺の日蓮正宗からの離脱まで考えていた
日顕は意に逆らえば学会のみならず日蓮正宗も切ったのだ
 
第562号 1992年12月1日 日蓮正宗自由通信同盟
人々を騙して泥舟に乗せ苦海に沈めようとしている大狸が
最後にブチ上げたのはやはり“千畳敷き”構想でありました
 
第564号 1992年12月3日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕は“千畳敷き”の新坊を擁する大石寺にふんぞり返り
無任所教師は“タコツボ”に入り防人となって一生を過ごす
 
第566号 1992年12月5日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮正宗が他派と訣別し独立したのは明治三十三年だった
大石寺に清流はなく謗法と交わり自らも邪宗と化していた
 
第567号 1992年12月6日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮正宗が真に“正宗”であったのは学会との六十年間だけだ
邪宗となった“正宗”は“小宗”となり遂に“消宗”となる
 
第570号 1992年12月13日 日蓮正宗自由通信同盟
邪宗日顕宗では創価学会を呪う祈祷がおこなわれている
呪詛をする祈祷師の代表格は敬台寺住職の日比野慈成だ
 
第571号
 
1992年12月16日 日蓮正宗自由通信同盟
江戸時代の邪宗は庶民相手に高利貸しをし繁栄の礎とした
大石寺も同様で焦げついた金の回収を代官所に泣きついた
 
第572号 1992年12月18日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕本人が当の日顕を軽んじ侮り嘲り卑しみ蔑んでいる
だから邪宗でありながら日顕宗と呼ばれるのが嫌いなのだ
 
第574号 1992年12月21日 日蓮正宗自由通信同盟
大嘘つきの日顕が虚言癖の福田に嘘をつかせて訴えられた
嘘ばかり言う嘘つき師弟は裁かれないと嘘が罪と判らない

●トップページ > 第15章 > 第17章