第15章 秘 事 露 見


第492号 1992年9月4日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕が先師の御指南に反し顕正会の邪義ににじりよった
正邪が時とともに処を変える日蓮正宗の正義はどこにある
 
第493号 1992年9月5日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕は「血脈」の話をするのに自分の寝ボケ話を結びつけた
御本仏・日蓮大聖人の「生死一大事血脈抄」の本義を忘れるな
 
第494号 1992年9月6日 日蓮正宗自由通信同盟
「御相承はもちろんお受けになっているが学者だから……」
傲慢な日顕は日亨上人に信心がないかのような批判をした
 
第500号 1992年9月12日 日蓮正宗自由通信同盟
“法主”のあり方は絶対的でなく時代的背景によって変わる
“信伏随従”すべきは“法主”ではなく“法華経”である
 
第501号 1992年9月13日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕の話を煮つめると「血脈相承」は次期貫首の指名となる
この後継者指名に神秘性を強調することは法義に違背する
 
第502号 1992年9月14日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕が宗門の「血脈相承」について饒舌の限りを尽くし
これまで神秘化されていた「血脈相承」のベールを剥いだ
 
第503号 1992年9月15日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮大聖人は全民衆に血脈を継がせようとし難に逢われた
この御本仏の御生涯を拝せば「血脈相承」は大衆のものだ
 
第504号 1992年9月16日 日蓮正宗自由通信同盟
どう空威張りしてみても日顕宗には血脈を論ずる力がない
教学部長・大村が池田名誉会長の「血脈抄」講義を盗作した
 
第506号 1992年9月18日 日蓮正宗自由通信同盟
「ホテルから一歩も出ていません」とのウソは早くも崩れた
日顕はシアトルでの買春について全然違う発言をしていた
 
第507号 1992年9月19日 日蓮正宗自由通信同盟
クロウ夫人が日顕を名誉毀損でロス上級裁判所に訴えた
日顕は法廷に呼ばれ負ければ62億円の支払いも予想される
 
第522号 1992年10月7日 日蓮正宗自由通信同盟
「C作戦」実行をめぐって「西片会議」「御前会議」が開かれた
両会議の出席者は、日顕、藤本、早瀬、秋元、八木、河辺、関だ
 
第523号 1992年10月8日 日蓮正宗自由通信同盟
「C作戦」実行が延期となった平成二年夏から秋の情報には
推進派の関快道、市川厚、高橋公純、段勲らの焦燥が見える
 
第524号 1992年10月11日 日蓮正宗自由通信同盟
段は昨年既に小冊子で「西片会議」「御前会議」に触れている
段は宗門中枢の動向を知りつくして学会攻撃を煽ったのだ
 
第527号 1992年10月16日 日蓮正宗自由通信同盟
『地涌正統』は河辺慈篤が指示し資金提供した謀略である
いま著者の「戸口浩」は秘密保持のため河辺に囲われている
 
第533号 1992年10月22日 日蓮正宗自由通信同盟
もう日顕に日蓮正宗を任せることはできないと退座を求め
先師日達上人の子息・細井琢道住職が日顕に諫状を出した
 
第535号 1992年10月24日 日蓮正宗自由通信同盟
細井琢道住職の重要証言により日顕の重大な嘘が発覚した
やはり日顕はシアトル滞在中ホテルから夜の街に出ていた
 
第536号 1992年10月25日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕は一住職の道理に適った諫言の前に立ち往生している
卑怯な日顕は義挙を姑息な手段で揉み消そうとするだろう

●トップページ > 第14章 > 第16章