第14章 仮 面 剥 落


第465号 1992年7月27日 日蓮正宗自由通信同盟
「私の顔がシアトルのようなことをした顔に見えますか」
日顕こと法師の皮を著た畜生が皮の具合を聞いてどうなる
 
第466号 1992年7月28日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕は先師日達上人の満山供養の日を選び大ウソをついた
買春を公式否定できず法要を利用し漫談でごまかしたのだ
 
第467号 1992年7月29日 日蓮正宗自由通信同盟
妙法を独占したい日顕は題目を唱える民衆が尊くては困る
そこで南無妙法蓮華経を否定し仏種を断ずる己義を構えた
 
第473号 1992年8月8日 日蓮正宗自由通信同盟
『大白法』や『妙観』が日顕に買春の有無を尋ねたことにより
日顕宗は名誉毀損を犯さざるを得なくなり敗北が決定した
 
第474号 1992年8月10日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕はいつまでも偽善の仮面をもって人々を欺けはしない
いずれ買春の事実は法定などで公に認知されることになる
 
第479号 1992年8月20日 日蓮正宗自由通信同盟
段勲が正信会議長の渡辺広済に会い宗門との和解を勧め
「いますぐにこの電話を猊下につなげましょうか」と迫った
 
第480号 1992年8月22日 日蓮正宗自由通信同盟
宗門が「除名」理由とした名誉会長の発言は全て「破門」後だ
暴君日顕は仏子を皆殺しにしその罪を糾すと叛逆だと言う
 
第483号
 
1992年8月26日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕の買春を否定する嘘を全国教師講習会で話さすために
アメリカから妙信寺住職の高橋慈豊をわざわざ呼び寄せた
 
第485号 1992年8月28日 日蓮正宗自由通信同盟
龍年光に大石寺より一千万円もの大金が振り込まれた
法華講員はタダで利用され旗を振った龍は大金をつかんだ
 
第486号 1992年8月29日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕が懸命にシアトルでの買春を否定しても皆は笑うだけ
最後は「義憤に燃えたような顔で帰ってよ」と懇願した
 
第488号 1992年8月31日 日蓮正宗自由通信同盟
狂犬“ニッケン”が吠えて水を飲んで身内に咬みついた
これだけの狂態を演じながらも退座拒否だけは言明した
 
第489号 1992年9月1日 日蓮正宗自由通信同盟
戸田会長の「獄中の悟達」を機に大聖人の仏法が弘まった
日顕が嘘を言ってけなしても厳然たるこの事実は覆せない
 
第490号 1992年9月2日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕は裁判で大嘘を断罪された山崎正友に謝罪していた
「あの時は嘘つきと言って悪かった」と謝ったと認めたのだ

●トップページ > 第13章 > 第15章