第13章 法 主 女 犯


第424号 1992年5月23日 日蓮正宗自由通信同盟
脱講運動の推進ビデオ『天魔がゆく』第三弾が完成した
湯河原で酒をあおる日顕の貴重な映像も収録されているぞ
 
第425号 1992年5月24日 日蓮正宗自由通信同盟
常泉寺には“法滅の妖怪”日開より伝持の畜生道が息づく
日顕が“親教”で随えるのは色魔や暴行魔などの悪比丘だ
 
第429号 1992年5月31日 日蓮正宗自由通信同盟
「ボンクラどもが千人万人おるよりも仏様一人が正しい」
日顕は衆生を「ボンクラども」と言い自分を「仏」と言う
 
第430号 1992年6月1日 日蓮正宗自由通信同盟
「C作戦」をもって創価学会を切り崩そうとしていながら
詭弁家の日顕は「衆議」を「摧こう」としたのだと言う
 
第431号 1992年6月2日 日蓮正宗自由通信同盟
面従腹背するのもおっくうで寺族同心会欠席の者も出た
その一方では全国的規模で反宗務院の動きが進んでいる
 
第434号 1992年6月9日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕宗が脱講運動に狼狽して想定問答集を全国に配布した
支離滅裂の捨てゼリフで逃げることだけを指示している
 
第435号 1992年6月10日 日蓮正宗自由通信同盟
「御住職が御供養の金額を口にしたことがありますか」
この日顕宗の想定問答集の強弁を覆す事例は腐るほどある
 
第436号 1992年6月11日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕宗では禅寺墓問題をいまだに誤魔化そうとしている
歴然とした事実をも否定する所に日顕らの苦衷が見える
 
第437号 1992年6月21日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕らは血脈を曲解し大石寺貫首を神秘化しようとする
だがどうもがいても生死一大事血脈抄を否定できはしない
 
第439号 1992年6月15日 日蓮正宗自由通信同盟
「日蓮正宗憂宗護法同盟」の結成を宣言する「声明書」が出た
日蓮正宗内に反日顕の気運が高まり日顕は孤立しはじめた
 
第440号 1992年6月16日 日蓮正宗自由通信同盟
龍年光の財団法人が東京都から委託契約を遂に解除された
雉も鳴かずば打たれまいにこれで龍の利権がパァになった
 
第442号 1992年6月19日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕は第一回海外出張御授戒で渡米しシアトルで買春した
性交渉し持参したカメラで売春婦の猥褻な写真を撮った
 
第448号 1992年6月30日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕が揮毫した本『有徳王』が東京都より回収を指示された
そこで違法な出版に手を貸した日顕の“不徳”が問題となる
 
第451号 1992年7月5日 日蓮正宗自由通信同盟
いまさらながら日顕による池田名誉会長「処分」の妄動は
世界広布と選挙戦を妨害し寺院の占拠を正当化するためだ
 
第460号 1992年7月19日 日蓮正宗自由通信同盟
宗務院は一片の「お知らせ」で日顕の買春を隠蔽するのか
無実なら姑息な手段を弄さないで法的手段を講ずるべきだ
 
第461号 1992年7月20日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮正宗の“法主”の地位は時代に逆行し専制がはかられた
その前近代性が買春男を野放しにし最後は宗門を破壊する
 
第464号 1992年7月24日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕シアトル買春事件の真実を知る婦人が実名で登場した
天魔の日顕は色魔であると証言されいまや断末魔にあえぐ

●トップページ > 第12章 > 第14章