第12章 奸 計 破 綻


第397号 1992年3月25日 日蓮正宗自由通信同盟
いよいよもって富士大石寺が桜見物の観光コースに入った
平安神宮、銀閣寺、醍醐寺、百済寺と桜で競って何になる
 
第399号 1992年3月30日 日蓮正宗自由通信同盟
福島は龍が業者から巻き上げた金のカスリをもらっていた
偽りの“清廉の士”は美辞麗句で己を装う術にたけている
 
第400号 1992年4月1日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕に対し決起した青年僧侶が「離山の書」を突きつけた
だが民衆を想う真正の声に日顕一派は暴力をもって応えた
 
第401号 1992年4月2日 日蓮正宗自由通信同盟
「こんなことになったのは、日顕! お前が悪いのだ」
この青年僧侶の痛憤の叫びから日顕は逃げようとしている
 
第402号 1992年4月3日 日蓮正宗自由通信同盟
龍の破綻した署名運動の裏で日顕が卑劣な動きをしていた
日顕は熱原三烈士を殺させた行智と同じ策を弄したのだ
 
第406号 1992年4月13日 日蓮正宗自由通信同盟
元海外部書記の福田毅道が左遷され総本山より出された
“代々坊主”でない福田は日顕に使い捨てにされたのだ
 
第407号 1992年4月16日 日蓮正宗自由通信同盟
福島源次郎は一人で脱会者を五千人つくったと公言した
日顕や坊主を本音では無能と思っているから言えたのだ
 
第408号 1992年4月20日 日蓮正宗自由通信同盟
室町、江戸時代の富士大石寺はなんと身延詣でをしていた
日興上人の尊い心を踏みにじり謗法におもねっていたのだ
〈導師本尊シリーズ・第11回〉
 
第409号 1992年4月21日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕の父である阿部日開は邪宗日蓮宗に肩入れをしていた
日開らが文部大臣に念書を出し勅額が身延山に降賜された
〈導師本尊シリーズ・第12回〉
 
第410号 1992年4月24日 日蓮正宗自由通信同盟
またあの日顕が最高級温泉旅館で酒をあおり遊興していた
それがバレても薄ら笑いを浮かべ弁解するのみで反省なし
 
第411号 1992年4月25日 日蓮正宗自由通信同盟
全国の住職や法華講が懸命に登山者を募ってみたところで
日顕は「チョボチョボ」の人数が不満で御開扉が面倒臭そう
 
第412号 1992年4月27日 日蓮正宗自由通信同盟
『地涌正統』が出版された裏には日顕宗の謀略があった
その司令塔は“陰の総監”の異名をとる河辺慈篤である
 
第417号 1992年5月10日 日蓮正宗自由通信同盟
出獄と入獄の日・七月三日は師弟の不思議な縁の日である
それを傷つけ創価学会の団結を崩すことなどできはしない
 
第418号 1992年5月13日 日蓮正宗自由通信同盟
「外護の会」主宰の押木二郎が完全に活動を停止していた
「C作戦」発動の前日に日顕と謀議をした者の一角が崩れた
 
第419号 1992年5月18日 日蓮正宗自由通信同盟
“親教”は日顕の長期的独裁を可能にするための策である
末寺は経済的に疲弊し供養を独り占めする日顕のみが太る
 
第420号 1992年5月19日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕の大願寺“親教”を前にして青年僧がその実態を暴いた
暴力、権謀、享楽、博打などあらゆる悪徳が大願寺に栄える
 
第421号 1992年5月20日 日蓮正宗自由通信同盟
いまや富士大石寺は謗法の山と化し法は滅尽してしまった
大願寺の青年僧が日顕に怒りをもって「離山の書」を送った

●トップページ > 第11章 > 第13章