第11章 虚 言 羅 列


第366号 1992年1月1日 日蓮正宗自由通信同盟
一九九二年は創価ルネサンスの正義が燦然と輝く年である
一方、日顕一派は還著於本人の姿を現じ同士討ちを始める
 
第367号 1992年1月7日 日蓮正宗自由通信同盟
新年早々、日顕は全国の教師と寺族を雨の総本山に集めて
自分に従わないなら「早く僧侶を辞めたらいい」と威嚇した
 
第368号 1992年1月8日 日蓮正宗自由通信同盟
法主の地位を否定されても反創価ならば手を結ぶ無節操さ
日顕が恥も外聞もなくあの文藝春秋で大嘘を羅列している
 
第369号 1992年1月9日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕一派はすでに葬儀の現場からもボイコットされている
いまさら『文藝春秋』の後楯で学会組織を攻撃してもムダだ
 
第370号 1992年1月29日 日蓮正宗自由通信同盟
「御本尊様と堂宇と袈裟・衣と数珠と中啓さえあればよい」
信心を忘れ臆面もなくこう語る日顕に法主の資格はない
 
第371号 1992年1月30日 日蓮正宗自由通信同盟
一年前、日顕は自分についてきてくれと皆に泣いて頼んだ
ところが今はわずかばかりの援助金で自分に従えと言う
 
第372号 1992年1月31日 日蓮正宗自由通信同盟
導師本尊は「十王信仰」「地獄信仰」に基づくニセ本尊だ
全僧侶は葬儀に導師本尊を掲げることを即刻やめるべきだ
〈導師本尊シリーズ・第1回〉
 
第373号 1992年2月1日 日蓮正宗自由通信同盟
閻魔法皇・五道冥官を配したニセ曼荼羅(導師本尊)は
どうやら日蓮宗の臨終曼荼羅・曳覆曼荼羅の亜流のようだ
〈導師本尊シリーズ・第2回〉
 
第374号 1992年2月2日 日蓮正宗自由通信同盟
導師本尊に記されている「五道冥官」「冥官」という名は
日蓮大聖人の書かれた御書の中に一度として登場しない
〈導師本尊シリーズ・第3回〉
 
第375号 1992年2月3日 日蓮正宗自由通信同盟
念仏思想を受け継いだ御書のニセ物「十王讃歎鈔」には
導師本尊に書かれた「冥官」という言葉が三度も登場する
〈導師本尊シリーズ・第4回〉
 
第376号 1992年2月4日 日蓮正宗自由通信同盟
「C作戦」を発動し創価学会の分裂を策した日顕一派は
日蓮正宗の真正の僧侶らから批判され絶縁されてしまった
 
第377号 1992年2月5日 日蓮正宗自由通信同盟
ニセ曼荼羅である導師本尊を掲げた罪は偏に僧侶にある
御本仏日蓮大聖人の大慈大悲は逝きし衆生を温かく包む
〈導師本尊シリーズ・第5回〉
 
第383号 1992年2月13日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮大聖人の御書を何百年も装ってきた「十王讃歎鈔」は
偽経『仏説 地蔵菩薩発心因縁十王経』を種本に作られた
〈導師本尊シリーズ・第6回〉
 
第384号 1992年2月14日 日蓮正宗自由通信同盟
相承を受けた法主がどうしてニセ本尊を書写し続けたのか
そこに本尊書写について本源的に問い直す重要な鍵がある
〈導師本尊シリーズ・第7回〉
 
第385号 1992年2月15日 日蓮正宗自由通信同盟
開祖より大御本尊様を本化国主に伝えよと言われた貫首が
地涌の菩薩到来の時に至ったのに宝蔵の鍵を手放さない
〈導師本尊シリーズ・第8回〉
 
第386号 1992年2月17日 日蓮正宗自由通信同盟
法主が身延派管長の導師で勤行し肩を並べて写真に写った
登座すれば日蓮大聖人と同じ生命が流れるというのは嘘だ
〈導師本尊シリーズ・第9回〉
 
第388号 1992年2月29日 日蓮正宗自由通信同盟
江戸時代の大石寺は「受派」として謗施をもって生き延びた
創価学会出現以前の富士大石寺の歴史は卑怯未練の歴史だ
〈導師本尊シリーズ・第10回〉

●トップページ > 第10章 > 第12章