第10章 父 子 暗 証


第339号 1991年12月5日 日蓮正宗自由通信同盟
本尊書写、血脈を猊座神秘主義と結びつけてはならない
本尊流布は大聖人の御遺志であり血脈は信徒たちのものだ
 
第341号 1991年12月7日 日蓮正宗自由通信同盟
檀徒作りを狙い宗門が学会員にいくら文書を送りつけても
仏子は「受取拒否」と朱書きしてそのまま送り返すまでだ
 
第342号 1991年12月8日 日蓮正宗自由通信同盟
“暴君の名前は顕坊、ボクの名前は潤坊”の掛け声で始まる
「顕坊! 潤坊! 短気よそう」宗門に謗法狂乱警報発令中!
 
第343号 1991年12月9日 日蓮正宗自由通信同盟
いまのヤングミセスがピンクレディーを忘れないように
日顕の悪徳は子供たちによって後世に語り継がれるだろう
 
第346号 1991年12月12日 日蓮正宗自由通信同盟
仏子から返送された受け取り拒否の郵便物をみるたびに
日顕とよく似た全国の“小型瞬間湯沸器”が湯気を立てる
 
第347号 1991年12月13日 日蓮正宗自由通信同盟
阿部日開を選出した管長選挙は大変な腐敗選挙であった
脅迫、供応、利益誘導、投票妨害、特叙などがおこなわれた
 〈法難シリーズ・第36回〉
 
第348号 1991年12月14日 日蓮正宗自由通信同盟
第六十世法主の選出にあたってまた告訴事件が惹起された
阿部法運は公金横領などの嫌疑で向島署の取調べを受けた
 〈法難シリーズ・第37回〉
 
第349号 1991年12月15日 日蓮正宗自由通信同盟
阿部法運が住職をする常泉寺の風紀は乱れに乱れていた
阿部は寺に勤める女性複数と関係し一人に日顕を産ませた
 〈法難シリーズ・第38回〉
 
第350号 1991年12月16日 日蓮正宗自由通信同盟
日亨上人が宗門を興隆するために開始された教学講習会を
日開は宗内支配のために不都合と見て登座直後に中止した
 〈法難シリーズ・第39回〉
 
第351号 1991年12月17日 日蓮正宗自由通信同盟
ビデオ『続・天魔がゆく/実録・C作戦』の映像を見れば
日顕らが「C作戦」どおりに策謀を進めてきた真実がわかる
 
第353号 1991年12月19日 日蓮正宗自由通信同盟
阿部日開は御本尊を漫然と誤写したとして訂正文を書いた
日顕はそれを誤写でないとし父子揃って御本尊を冒涜する
 〈法難シリーズ・第40回〉
 
第354号 1991年12月20日 日蓮正宗自由通信同盟
相伝の最重要事は戒壇の大御本尊を本化国主に伝える事だ
「相伝」を猊座神秘主義を補完する言葉としてはならない
 
第355号 1991年12月21日 日蓮正宗自由通信同盟
国柱会の田中智学の直弟子たちを猊下自らが御開扉させ
「各々ヨウコソの御登山、佛2三寶も御滿悦」と挨拶した
 〈法難シリーズ・第41回〉
 
第356号 1991年12月22日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕の相伝を否定してきた『文春』に日顕自らが登場する
狂乱し怨念のみで行動する売僧の無節操さを皆で笑おう
 
第357号 1991年12月23日 日蓮正宗自由通信同盟
昭和四年に僧俗代表護法会議設立案が宗会に提出されたが
早瀬慈雄、櫻井仁道(日顕の師僧)らの抵抗で水泡に帰した
 〈法難シリーズ・第42回〉
 
第358号 1991年12月24日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮大聖人に北条弥源太が御供養申上げた宝刀が盗まれた
捜査当局は大石寺内部の犯行と睨んだが迷宮入りとなった
 〈法難シリーズ・第43回〉
 
第365号 1991年12月31日 日蓮正宗自由通信同盟
仏敵となるか否かは池田名誉会長をどう評価するかによる
ならば仏子須らく折伏の大闘将を師と仰ぎ仏果を成就せん

●トップページ > 第9章 > 第11章