第9章 破 門 空 言


第312号 1991年11月8日 日蓮正宗自由通信同盟
戸田城聖会長が宗教法人を設立された深意が身にしみる
日顕がいかに策謀しても広宣流布の法城は微動だにしない
 
第313号 1991年11月9日 日蓮正宗自由通信同盟
解散勧告書で明らかになった法主と総監の教学力のなさ
法衣を着ているだけで尊いとは白衣を着た者はみな名医か
 
第314号 1991年11月10日 日蓮正宗自由通信同盟
権威権力の亡者と化した者が居座りつづけるのを恐れてか
日亨上人は法主・管長の任期を七カ年と決められていた
 〈法難シリーズ・第31回〉
 
第315号 1991年11月11日 日蓮正宗自由通信同盟
創価学会出現以前の大石寺は末世の悪比丘の巣窟であった
生真面目な日亨上人は宗内の協力もなく孤立無援となった
 〈法難シリーズ・第32回〉
 
第316号 1991年11月12日 日蓮正宗自由通信同盟
阿部日開は御遷化直前の日正上人を海岸の一軒家で隔離し
日柱上人への血脈相承を阻み自らが猊座に登ろうとした
 〈法難シリーズ・第33回〉
 
第317号 1991年11月13日 日蓮正宗自由通信同盟
阿部日開は身延の学者との論争では尻尾を巻いて逃げたが
それを宗開両祖に恥じることもなくひたすら猊座を狙った
 〈法難シリーズ・第34回〉
 
第318号 1991年11月14日 日蓮正宗自由通信同盟
日亨上人は『富士宗学全集』などを編纂し宗学を公開された
この「聖業」は地涌の菩薩出現を前にしての必然であった
 〈法難シリーズ・第35回〉
 
第319号 1991年11月15日 日蓮正宗自由通信同盟
祭り山車に寄付をしていた謗法者の法勤寺住職岸本恭済が
創価学会員いじめを評価されてか日顕宗僧都に任命された
 
第322号 1991年11月18日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕宗の本質を突くパロディー狂学辞典を極秘に入手した
仏法に違背している日顕一派はここまで笑われているのだ
 
第326号 1991年11月22日 日蓮正宗自由通信同盟
僣聖増上慢の日顕が御逮夜の高座に登り空理空論を説く
そんな話より女房・政子の浪費癖全治の体験談が聞きたい
 
第327号 1991年11月23日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮正宗は創価学会に関する処分をおこなうのであれば
その前に混乱の元凶である「C作戦」の真相究明をすべきだ
 
第328号 1991年11月24日 日蓮正宗自由通信同盟
『大日蓮』編集長の藁科鑑道は『地涌』の熱心な愛読者か
編集後記すべてを使い自らの細々とした思いを書いている
 
第329号 1991年11月25日 日蓮正宗自由通信同盟
法主でありながら大嘘つきの日顕は師は師でもペテン師か
『大日蓮』に掲載された10・17猿芝居でのセリフを再び嗤う
 
第333号 1991年11月29日 日蓮正宗自由通信同盟
四菩薩は折伏の時は賢王と現れ摂受の時は僧と現れる
となれば僧俗の間に差別があるとする宗門の主張は外道だ
 
第334号 1991年11月30日 日蓮正宗自由通信同盟
御聖訓に依らず信徒団体に対し「破門」を通告するとは
やはり日顕一派は日蓮大聖人に敵対する魔物の集まりだ
 
第335号 1991年12月1日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕は裁判を恐れて今日まで策略ばかり弄してきたのに
末寺住職を盾にできるとみたら裁判なんか怖くないと言う
 
第336号 1991年12月2日 日蓮正宗自由通信同盟
正法を護持して難に逢うことは仏弟子として最高の誇りだ
一人の例外もなく学会員が「破門」されたとは実に意義深い
 
第337号 1991年12月3日 日蓮正宗自由通信同盟
池田名誉会長は僧俗和合をめざし忍耐強い努力をしてきた
その歴史的事実を日蓮正宗全僧侶はいま認めるべきである

●トップページ > 第8章 > 第10章