第8章 仏 子 哄 笑


第291号 1991年10月18日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕は「C作戦」開始のときは瞋りにまかせて独断で強行し
手に負えなくなったら皆の責任で学会を処分しようと言う
 
第292号 1991年10月19日 日蓮正宗自由通信同盟
創価学会処分の具体案はもとより日顕の腹の中にあった
宗内操作と責任回避のために署名捺印を求めているのだ
 
第293号 1991年10月20日 日蓮正宗自由通信同盟
侮蔑と差別と不信の産物が教師代表者会議という猿芝居だ
宗内操作と決めつけで信徒を処分することが富士の僧道か
 
第294号 1991年10月21日 日蓮正宗自由通信同盟
閉鎖社会の特殊な論理で信徒団体を理不尽に処分しても
結局は日顕の不正義が裁判で白日の下にさらされるだけだ
 
第295号 1991年10月22日 日蓮正宗自由通信同盟
恩に報いようとするのであれば狂った日顕を断固糾すべし
正邪を選ばないで日顕に追随することは畜生にも劣る
 
第296号 1991年10月23日 日蓮正宗自由通信同盟
悪鬼入其身の者達が徒党を組んで自滅の戦を始めることは
長い眼で見れば宗門の自浄作用を促進することになる
 
第297号 1991年10月24日 日蓮正宗自由通信同盟
♪大好きだったけど学会いじめなんて悲しいプレゼント
バイバイお寺しばらく さよならしてあげるわ ♪♯♭
 
第298号 1991年10月25日 日蓮正宗自由通信同盟
♪♪ 立宗精神わすれたか 塔婆書くだけ 葬式だけで
今日も喰ってる 今日も飲んでる どあほうニセ坊主 ♪
 
第299号 1991年10月26日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕夫人らが京都で一年半で二億円もの散財をしていた
この『中外日報』の報道で日顕への宗内の不信が強まった
 
第301号 1991年10月28日 日蓮正宗自由通信同盟
狂える法主がいかに脅しても屈しない末寺住職たちがいる
身軽法重の行者たちは創価学会の処分は不当だと主張する
 
第303号 1991年10月30日 日蓮正宗自由通信同盟
宗門が昨年の夏以来練ってきた「C作戦」の最終段階突入が
日顕の焦りと不安で急変し十一月早々の実施となった
 
第304号 1991年10月31日 日蓮正宗自由通信同盟
「コラ日顕! ホウボウとカマスのだけはやめろ!」と
阿部漁業、日本コラコーラボーズ提供のビデオは警告する
 
第305号 1991年11月1日 日蓮正宗自由通信同盟
批判精神満点の高輪俺良の詠める歌を採取「雨と来て/
雨と帰れる/あの方は/どこの坊主と/達磨言うなり」
 
第306号 1991年11月2日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕は恐怖政治をしき法主独裁を盤石なものにするために
昭和54年の登座以来宗制宗規を実に16回変更してきた
 
第308号 1991年11月8日 日蓮正宗自由通信同盟
総本山六十世日開上人の行躰はすこぶる乱れたものがあり
日蓮正宗ナンバー2の総務職にある時に隠し子を作っていた
 〈法難シリーズ・第27回〉
 
第309号 1991年11月5日 日蓮正宗自由通信同盟
女犯の法運は衆望のある亨師を利用して柱師を退座させ
隠し子がいながら独身を装い奸計をもって猊座を狙った
 〈法難シリーズ・第28回〉
第310号 1991年11月6日 日蓮正宗自由通信同盟
日亨上人の大変つつましやかな聖僧ぶりに比較してみると
現在の日蓮正宗の僧侶たちはあまりに奢侈に流されている
 〈法難シリーズ・第29回〉
 
第311号 1991年11月7日 日蓮正宗自由通信同盟
恬淡として飾らない第五十九世日亨上人の人柄にふれると
猊座神秘主義を振りかざす現在の日顕一派の異常が際立つ
 〈法難シリーズ・第30回〉

●トップページ > 第7章 > 第9章