第7章 天 魔 出 来


第266号 1991年9月23日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮大聖人の仏法が正に滅尽せんとした一大危機に至って
仏意仏勅の和合僧団である創価学会が出現したのだった
 〈法難シリーズ・第24回〉
 
第267号 1991年9月24日 日蓮正宗自由通信同盟
淳師は牧口会長を「生来、仏の使いであられた」と話された
また戸田会長を「地涌千界の眷属の出現」であるとされた
 〈法難シリーズ・第25回〉
 
第268号・第269号 1991年9月25日 日蓮正宗自由通信同盟
創価学会の初代、二代、三代会長と続く師弟の絆こそが
日蓮大聖人の仏法を世界に広宣流布していく波動の源だ
 〈法難シリーズ・第26回〉
 
第272号 1991年9月29日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕上人は禅寺に五五〇万円もする先祖代々の墓を建てた
やはり禅天魔の格言通り天魔となって仏法を破壊している
 
第273号 1991年9月30日 日蓮正宗自由通信同盟
邪宗の寺で先祖供養をした翌日に学会寄進の寺で御親教
日顕上人は恥知らずなのか狂ったのか魔に魅入られたのか
 
第274号 1991年10月1日 日蓮正宗自由通信同盟
自身は宗祖の御聖訓に背きながら「相伝」のみが正義とする
日顕上人は「教外別伝」を立てる禅天魔の眷属である
 
第275号 1991年10月2日 日蓮正宗自由通信同盟
「邪宗の寺に墓があると悪縁に引かれて信心が崩れていく」
いまや“法滅の妖怪”と化した日顕上人はかつてこう話した
 
第276号 1991年10月3日 日蓮正宗自由通信同盟
日興上人は自分が老いて念仏などを唱えることがあれば
弟子は必ず自分を諫めよ、聞かなければ捨てよと話された
 
第277号 1991年10月4日 日蓮正宗自由通信同盟
調御寺住職の高野は御書は大聖人の法門の「部分」だという
御書よりも法主の「指南」が重要とは御本仏への違背だ
 
第279号 1991年10月6日 日蓮正宗自由通信同盟
宗務総監・藤本日潤は「猊下は絶対ではない」と発言した
これは能化七名が創価学会側に出した文書を否定するものだ
 
第281号 1991年10月8日 日蓮正宗自由通信同盟
宗門の創価学会攻撃の作戦書である「C作戦」の実物が
TBSの「報道特集」において報道された意義は実に大きい
 
第284号 1991年10月11日 日蓮正宗自由通信同盟
法主が禅寺に先祖代々の墓を建立して墓前で法要した
これだけ明らかな謗法を犯して懺悔しない日顕は一闡提だ
 
第285号 1991年10月12日 日蓮正宗自由通信同盟
あの日蓮正宗時局協議会がまたまた墓穴を掘ってしまった
日顕の「禅寺墓問題」を隠そうと作った文書は穴だらけだ
 
第286号 1991年10月13日 日蓮正宗自由通信同盟
阿部家先祖代々の墓を建立した者を今更ゴマかしても無駄
禅寺に墓を建立したのは紛れもなく日蓮正宗法主の日顕だ
 
第287号 1991年10月14日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕が先祖代々の墓を建立した墓地は共同墓地ではない
所有者の禅寺は日蓮正宗が嘘をつく真意を計りかねている
 
第288号 1991年10月15日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕は禅寺に墓を建立した時に父・日開上人の法要をした
墓に建てられた塔婆がそのことをハッキリと物語っている
 
第289号 1991年10月16日 日蓮正宗自由通信同盟
時局協議会が宗内に配った文書は論理的に破綻している
前で共同墓地を主張して後で禅寺墓地でなぜ悪いという
 
第290号 1991年10月17日 日蓮正宗自由通信同盟
孤立した日顕は学会に対して必ず強硬措置をとるだろう
猊座を穢しても法主の地位に君臨したい妄執がそうさせる

●トップページ > 第6章 > 第8章