第6章 両 舌 破 法


第232号 1991年8月20日 日蓮正宗自由通信同盟
邪義を大石寺に持ち込んだ日精上人が謗法を犯した三年後
大石寺は「本堂」「山門」「坊舎」悉く焼失してしまった
 〈法難シリーズ「逢難」改題・第10回〉
 
第233号 1991年8月21日 日蓮正宗自由通信同盟
総本山に聳える三門は権勢におもねった歴史的な遺産だ
徳川幕府より天領の材木を貰い将軍側室の下賜金で建てた
 〈法難シリーズ・第11回〉
 
第234号 1991年8月22日 日蓮正宗自由通信同盟
五重塔の銅瓦をトタンにし利ザヤを稼いだ悪比丘がいた
傷んだ五重塔を後に修復したのは戸田会長と学会員だった
 〈法難シリーズ・第12回〉
 
第235号 1991年8月23日 日蓮正宗自由通信同盟
総本山第六十世日開上人らは宗門機関誌である『白蓮華』に
禅宗の達磨大師の絵を掲げた広告を載せお金を貰っていた
 〈法難シリーズ・第13回〉
 
第236号 1991年8月24日 日蓮正宗自由通信同盟
「織物にした日蓮上人の御本尊を特価二円で売ります」
この広告を宗門機関誌『白蓮華』は金の為に何度も掲載した
 〈法難シリーズ・第14四回〉
 
第237号 1991年8月25日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮正宗の機関誌『白蓮華』に邪宗の本が宣伝されていた
1祷や呪術を書いた本が衆生を救う大秘典とはバカげてる
 〈法難シリーズ・第15回〉
 
第238号 1991年8月26日 日蓮正宗自由通信同盟
大正時代は飛行機、自動車に御本尊を奉掲してビラを撒き
邪宗の者と一緒に太鼓をたたいて唱題し提灯行列していた
 〈法難シリーズ・第16回〉
 
第239号 1991年8月27日 日蓮正宗自由通信同盟
一閻浮提総与の大御本尊様の写真掲載に深く関わった男を
日開上人は外護の勲功があったとして総講頭に任命した
 〈法難シリーズ・第17回〉
 
第240号 1991年8月28日 日蓮正宗自由通信同盟
第五十八世日柱上人に対し日蓮正宗の宗会は辞任を勧告した
大正時代の宗門は権謀術数を駆使し政争に明け暮れていた
 〈法難シリーズ・第18回〉
 
第241号 1991年8月29日 日蓮正宗自由通信同盟
法主人事を巡って文部省役人に訓戒された日蓮正宗僧侶が
上野村の村長の立ち会いの下で檀家総代に詫び状を書いた
 〈法難シリーズ・第19回〉
 
第242号 1991年8月30日 日蓮正宗自由通信同盟
総本山大石寺の中で旧管長派と新管長派が睨み合っていた
その緊迫した状況下で首謀者の役僧が信徒に拉致された
 〈法難シリーズ・第20回〉
 
第243号 1991年8月31日 日蓮正宗自由通信同盟
クーデター派僧侶が血脈相承を強制することに反対して
遂に全国檀徒大会で信徒が僧侶を“破門”にしてしまった
 〈法難シリーズ・第21回〉
 
第244号 1991年9月1日 日蓮正宗自由通信同盟
日柱上人は「陰謀」と「強迫」によって退座を余儀なくされた
従って誰が後任の管長に選ばれても相承しないと宣言した
 〈法難シリーズ・第22回〉
 
第245号 1991年9月2日 日蓮正宗自由通信同盟
血脈相承を円滑に行うために柱師の「隠尊料」が決められた
その内訳は現金千円と白米二十五俵だが反古にされた
 〈法難シリーズ・第23回〉
 
第247号 1991年9月4日 日蓮正宗自由通信同盟
自分と血族の繁栄のことだけしか願っていない日顕上人は
民衆の幸せのために祈ることが法悦だと未だにわからない
 
第248号 1991年9月5日 日蓮正宗自由通信同盟
(学会員が)信心イヤになろうがなにしようが関係ないんだ
頭から少しかましてやればいいんだ、そんな者に対しては
 
第249号 1991年9月6日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕上人が「破門」「解散」を命じてきても恐れることはない
権威権力で民衆支配を策す悪比丘たちは既に孤立している
 
第250号 1991年9月7日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮大聖人の魂である御本尊を檀徒づくりの手段に使えば
いかに法主であろうとも仏罰厳然たることは仏語に明らか
 
第251号 1991年9月8日 日蓮正宗自由通信同盟
日達上人の本尊を返却させ日顕上人の本尊を下附している
先師否定の目的は檀徒作りと日顕上人へのゴマスリにある
 
第255号 1991年9月12日 日蓮正宗自由通信同盟
いかなる困難をも物ともせず大衆は落首を詠んで笑ってる
既に宗門も法主も人々の心の中で相対化されてしまった
 
第256号 1991年9月13日 日蓮正宗自由通信同盟
戒壇の大御本尊様と日顕上人が「不二の尊体」とは狂ってる
いつから日蓮正宗は法主を本尊とする邪宗教になったのか
 
第257号 1991年9月14日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕上人は津軽恐山の口寄せ瞽女かはたまたシャーマンか
いつから日蓮大聖人の御言葉を伝える霊媒になったのか
 
第258号 1991年9月15日 日蓮正宗自由通信同盟
宗門は信徒を「決めつけ」と「推論」に基づき「断罪」する
これでは中世カトリック教会の行なった魔女裁判と同じだ

●トップページ > 第5章 > 第7章