第4章 邪 智 蠢 動


第128号 1991年5月8日 日蓮正宗自由通信同盟
宗門はこれまでの経過を無視して学会との協議を突然中止
宗門側の代表として出ていた八木主任理事は子供の使いか
 
第129号 1991年5月9日 日蓮正宗自由通信同盟
短絡的な法主絶対論はかえって法主の全否定につながる
日蓮大聖人の仏法の原点に還り宗学の活性化を図ろう
 
第130号 1991年5月10日 日蓮正宗自由通信同盟
龍年光は師に仕えるということは邪義であると主張する
だが戸田会長は随所で師に仕える重要性を指導している
 
第131号 1991年5月11日 日蓮正宗自由通信同盟
五月十日の宗務支院長会議は異常な統制の中で行われた
それにもかかわらず添書登山の実施要綱は未決定だった
 
第134号 1991年5月14日 日蓮正宗自由通信同盟
デッチ上げの「R作戦」を真顔で報じる厚顔無恥
『週刊実話』の程度の悪さにはほとほとあきれてしまう
 
第140号 1991年5月20日 日蓮正宗自由通信同盟
登山を理由に高圧的な姿勢で檀徒作りをする末寺の住職は
御在世当時の平左衛門尉の手下の「お代官さま」のようだ
 
第142号 1991年5月22日 日蓮正宗自由通信同盟
遠離塔寺の難を共に受けることのできた創価学会員は
末法の法華経の行者であるとの証明を仏より賜ったのだ
 
第144号 1991年5月24日 日蓮正宗自由通信同盟
明治政府の仏教退廃政策によって僧侶たちは妻帯を続ける
それは日蓮正宗の底流に血族支配という腐敗をもたらした
 
第145号 1991年5月25日 日蓮正宗自由通信同盟
日亨上人は日蓮正宗の僧侶の妻帯の現実を異常と嘆かれ
宗祖開山時代のような聖僧であることを望まれている
 
第146号 1991年5月26日 日蓮正宗自由通信同盟
僧侶の妻帯により日蓮正宗の中に血族が形成されている
それが布教力を停滞させ一方で僧侶の権威化を加速する
 
第148号 1991年5月28日 日蓮正宗自由通信同盟
総本山大石寺は塔中坊の檀徒の謗法には目をつむってきた
そのうえ御供養を届ければ御本尊を何体でも授けている
 
第151号 1991年5月31日 日蓮正宗自由通信同盟
一千人の寺族が集まり大客殿前広場で飽食の大饗宴
何の資格があって御供養の金で今どきパーティーを行なうのか
 
第152号 1991年6月1日 日蓮正宗自由通信同盟
「添書」による登山は「本来の化儀化法」というけれども
原型は徳川幕府の御用機関であった頃の「寺請証文」にある
 
第153号 1991年6月2日 日蓮正宗自由通信同盟
総監は信徒を見下し、どうしてもかしずかせたいのだ
仏法の本義は抑圧支配の論理ではなく人間解放の実践論だ
 
第155号 1991年6月4日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕上人は山崎の指南どおり新聞広告で檀徒作りを始めた
教化力のなさを満天下に自ら宣伝する法主も珍しい
 
第156号 1991年6月5日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮正宗の僧侶たちが威丈高に主張している多くの論理は
仏法に由来するものではなく封建思想の残滓であった
 
第158号 1991年6月7日 日蓮正宗自由通信同盟
裏で煽ってガセネタを持ち歩き尾ヒレをつけて自ら書く
段勲は日本のジャーナリズムの思想的貧困に咲くアダ花だ
 
第160号 1991年6月9日 日蓮正宗自由通信同盟
ニセ特別御形木御本尊事件は山崎正友の部下の謀略だった
この謀略に乗って内藤や段が『週刊文春』で学会を批判した
 
第162号 1991年6月11日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮正宗の一部の僧侶のなかには大変な差別意識がある
仏と民衆の間に立ちはだかり祭祀特権階級を夢見ている
 
第164号 1991年6月13日 日蓮正宗自由通信同盟
添書登山が日顕上人の創価学会切り崩しの策であることを
日顕上人の密談相手の段が『週刊文春』誌上で暴露した
 
第165号 1991年6月14日 日蓮正宗自由通信同盟
札幌・佛見寺住職の藤原広行は毎夜ススキノを徘徊する
この行状でも“聖僧”として崇めなければならないのか
 
第166号
1991年6月15日 日蓮正宗自由通信同盟
信徒は口先だけの悪比丘に決して騙されてはならない
夜の遊びの金欲しさに法を説く売僧も法脈に巣喰っている
 
第171号 1991年6月20日 日蓮正宗自由通信同盟
「猊下は現代の大聖人」との妄説が『大日蓮』に
日顕上人の大慢心をくすぐる早瀬編集長のおもねりか
 
第172号 1991年6月21日 日蓮正宗自由通信同盟
同時には絶対に成立しない二つの命題を軸に悪口雑言する
この『大日蓮』の支離滅裂の創価学会批判を大いに笑おう
 
第173号 1991年6月22日 日蓮正宗自由通信同盟
『大日蓮』は正本堂建設の御供養の金額までごまかすのか
そこまでして創価学会を批判するとはあまりに恥知らず
 
第175号 1991年6月24日 日蓮正宗自由通信同盟
法華講は根も葉もないデマを流すことを即刻やめるべきだ
まして死者にまつわるデマは信仰者として明らかに失格だ
 
第176号 1991年6月25日 日蓮正宗自由通信同盟
昨年七月に「C作戦」を検討したことを猊下みずから認める
「C作戦」は日顕上人の出席した「御前会議」で練られた

●トップページ > 第3章 > 第5章