第1章 謀 計 発 覚


第1号 1991年1月1日 日蓮正宗自由通信同盟
『地涌』創刊の御挨拶
 
第2号 1991年1月2日 日蓮正宗自由通信同盟
令法久住を願う日興上人の御心に叛くのか
昨年12月の宗規の変更は御遺誡に違背している
 
第3号 1991年1月3日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕上人猊下が直々に、フリーライターの段勲氏に
マスコミによる創価学会攻撃を依頼された
 
第5号 1991年1月5日 日蓮正宗自由通信同盟
アメリカの信徒組織(NSA)を取り込もうとした
猊下の御言葉は果たしてあったのか、なかったのか
 
第6号 1991年1月6日 日蓮正宗自由通信同盟
まんまと操作情報に乗せられた宗門中枢
いまだに創価学会最高幹部の“大量造反”なし
 
第7号 1991年1月7日 日蓮正宗自由通信同盟
猊下が創価学会の切り崩しを直接指示された
本当に大丈夫なのか、宗門中枢の危機管理能力が問われる
 
第9号 1991年1月9日 日蓮正宗自由通信同盟
段勲記者が『週刊文春』で苦しい言いわけ
なぜ猊下との極秘会見の真実の内容をひた隠すのか
 
第10号 1991年1月10日 日蓮正宗自由通信同盟
『週刊文春』の段記者の記事は締切直前に書き直された
そこまでして日顕上人猊下との話をなぜ隠す
第14号 1991年1月14日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕上人猊下は教師指導会で自分の体面を保つために
守ってくれた『週刊文春』と段記者をコケにした
 
第15号 1991年1月15日 日蓮正宗自由通信同盟
「C作戦」は創価学会の組織を切り崩すために練られた
大法弘通を忘れた宗門中枢にあるのは支配欲だけだ
 
第16号 1991年1月16日 日蓮正宗自由通信同盟
機密の「C作戦」を洩らした宗門海外部書記の福田毅道は
とうとう免職され自宅謹慎を命じられてしまった
 
第17号 1991年1月17日 日蓮正宗自由通信同盟
宗会直前の12月25日、猊下、高橋、段記者と共に
創価学会攻撃の話し合いをした者の名を明かす
 
第18号 1991年1月18日 日蓮正宗自由通信同盟
日顕上人猊下が創価学会の切り崩しを期待した
藤原行正の私兵・押木は「勤行をしていない」と大橋敏雄
 
第19号 1991年1月19日 日蓮正宗自由通信同盟
大橋敏雄が国会に提出した「質問主意書」は山崎正友の代作
藤原行正、押木二郎、段勲記者がそれをバックアップ
 
第20号 1991年1月20日 日蓮正宗自由通信同盟
藤原行正は息子を創価学会会長にしたいばかりに
暴力団幹部に池田名誉会長の殺しを依頼した
 
第21号 1991年1月21日 日蓮正宗自由通信同盟
12月25日の創価学会攻撃の御指南は間違っている
それを認め謝罪しなければ人心は離れるばかりだ
 
第23号 1991年1月23日 日蓮正宗自由通信同盟
宗門の軍師を自認する高橋の書いたとされる「所感」
その煽動的な現状分析の真実の作者はいったい誰か
 
第25号 1991年1月25日 日蓮正宗自由通信同盟
1月24日、本山で行われた緊急の代表者会議の内容は
今更ながらの内部結束の呼びかけであった
 
第26号 1991年1月26日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮正宗の僧俗ともに誇るべき法難史について
藤本日潤総監は「真実かどうかわかりません」と答えた
 
第27号 1991年1月27日 日蓮正宗自由通信同盟
藤本日潤総監は戦中の「神札問題」を避けている
「創価学会の歴史と確信」すら無視しようというのだ
 
第31号 1991年1月31日 日蓮正宗自由通信同盟
新しく移ったとされる池田問題対策事務所の電話は
殺人依頼をした藤原行正に関係のある会社の中にあった
 
第32号 1991年2月1日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮正宗宗務院は昭和17年10月10日に
伊勢神宮を遥拝するように「院達」を出していた
 
第33号 1991年2月2日 日蓮正宗自由通信同盟
創価教育学会幹部が神札を拒否して獄に繋がれている時
日蓮正宗は学会を見捨てた上に神社参拝を通達した
 
第34号 1991年2月3日 日蓮正宗自由通信同盟
日蓮正宗報国団は檀信徒を挙げての戦争協力だった
そこでは天皇の伊勢神宮参拝も「恐懼感激」された
 
第36号 1991年2月5日 日蓮正宗自由通信同盟
宗門は困窮のあまり総本山の観光地化計画を進めた
それを阻み登山会を始めたのは戸田創価学会会長だった
 
第37号 1991年2月6日 日蓮正宗自由通信同盟
裁く資格もない者が僧というだけで傲然と信徒を処分する
僧侶の罪は見逃され、厳しく裁かれるのは信徒ばかりだ
 
第41号 1991年2月10日 日蓮正宗自由通信同盟
創価学会は小笠原慈聞の僧籍への復帰を
気配として感じ宗門の将来を案じて追及を始めた
 〈逢難シリーズ・第1回〉
 
第42号 1991年2月11日 日蓮正宗自由通信同盟
僧籍にないことを確認されていた小笠原が
事件の「直前」になぜ急に僧籍に復帰したのか
 〈逢難シリーズ・第2回
 
第43号 1991年2月12日 日蓮正宗自由通信同盟
信徒を罰するためにはどんな捏造もする
こんな堕落した僧侶は糾さなければならない
 〈逢難シリーズ・第3回〉
 
第44号 1991年2月13日 日蓮正宗自由通信同盟
猊下の怒りを背景に僧侶は創価学会を圧迫した
師子身中虫は勢いづきマスコミは記事を捏造した
 〈逢難シリーズ・第4回〉
 
第45号 1991年2月14日 日蓮正宗自由通信同盟
宗会は証人の尋問も本人の弁疏もさせず
秘密会をもつて一方的に重大処分を決定した
 〈逢難シリーズ・第5回〉
 
第46号 1991年2月15日 日蓮正宗自由通信同盟
仏恩広大にして逆縁の輩、日蓮正宗の僧と顕われ
唯一人の大信者をそねみ恨む、習性恐るべし
 〈逢難シリーズ・第6回〉
 
第47号 1991年2月16日 日蓮正宗自由通信同盟
人々のために働く創価学会員こそ真の僧
この創価学会の結合を破る者には必ず罰がある
 〈逢難シリーズ・第7回〉
 
第48号 1991年2月17日 日蓮正宗自由通信同盟
小笠原は人生の終章で戸田会長に敬服した
その小笠原を目覚めさせたのは狸祭の強折だった
 〈逢難シリーズ・第8回〉
 
第49号 1991年2月18日 日蓮正宗自由通信同盟
僧侶たちは布教をしないので権威だけが頼り
その為に猊下の名でウソをつき信徒を処罰する
 〈逢難シリーズ・第9回〉

●トップページ > トップ > 第2章